トートバッグオーダーについて

  • 2015.10.30 Friday
  • 18:42

*トートバッグオーダー注文について*


定番のアイテム:手描きのトートバッグ


新潟市内の街を歩くと肩にかけて歩く姿がみえるようになり、
私自身とても嬉しい気持ちになっています。

商品/オーダー/即興画等含めてすべて手描きのトートバッグは、
800点を超え使って頂くお客様も増えていて本当にありがたい。。。

使って頂きありがとうございます。





このトートバッグを自分へのご褒美にしたい!大事な人への贈り物にしたい!と、
今後色んな方々に気軽に身につけて頂けるようにしたいと考えオーダーの方法をこちらで説明いたします。

また、オーダーの仕方がわからない。デザインが決められない。etc....
色々な不安もあると思いますので、まずはオーダーから受け取るまでの流れを説明します。




下の写真は一例です♫

左の写真は、お客様と打ち合わせしてラフがを完成させ、
右の写真で、完成品にしてお渡ししています。


では説明に入ります。






その1:サイズ

トートバッグには3種類あり、お好みのサイズを選んで頂きます。

Sは、ランチバッグとしてお弁当を入れたり、
ちょっと出かけるときに財布と携帯を入れるような時に。
Sサイズ :縦200mm×横300mm×マチ100mm 持ち手:幅25mm×長さ290mm
Price:2500yen〜


Mは、本やポーチ、毎日使う道具を1つにまとめられるくらいのサイズです。
旅行へ行くときのバッグインバッグなどマルチに使えます。
Mサイズ:縦370mm×横360mm×マチ110mm 持ち手:幅25mm×長さ470mm
Price:3500yen〜


Lは、本を数冊、着替えを入れる通学用や買い物袋としてエコバッグにも使えます。
また大きめなので、ファッションアイテムとしてオススメしています。
Lサイズ :縦400mm×横480mm×マチ150mm 持ち手:幅30mm×長さ600mm
Price:4000yen〜



その2:カラー

基本は白(生成り)の2色でオーダー受付けています。※他にも色がありますが直接ご相談ください。

黒の場合は、白い生地でパッチワークしその上に描きます。※白インクもありますので直接ご相談ください。

左:白/右:黒


その3:デザイン

デザインにはセミオーダーとオーダーの2種類あります。

セミオーダー
今まで描いてきた中で「定番なったデザイン」や「作品そのもの」を描くものです。
Utopiaでは、「時計」、「街」、「花」などがあります。
Twitterの作品ページ: @utopia_10000 にあるものを描くのもセミオーダーとなります。※例外もありますが

オーダー
お客様のご希望やイメージに合うような絵をお描きします!
まずは、ご相談ください♫



この1〜3の流れから世界にひとつだけのトートバッグが創れます!
是非この機会にお試しください♫


メールでのオーダーも受付けてます。
お気軽にメッセージください!!


Mail : yutosato.25@gmail.com
Twitter : @yuto_25
作品集  : @utopia_10000
Instagram : yuto_25


 

Tシャツオーダー

  • 2012.05.30 Wednesday
  • 19:59





お晩です。






最近は天気が良くて、過ごしやすい日が続いていますね!

これからTシャツが活躍していく季節になってきます。






「 あなたのお名前が入る世界に一枚だけのオーダーTシャツ 」はいかがですか? 






* 絵を着て町を歩く *

そんな感覚でUtopiaのTシャツを着て頂けたらなと思っております。

オーダーTシャツは、メンズ/レディースどちらも対応しております*




僕もよく着ているのですが、
「これ手描きなんだよ〜」っていうとほとんどの方が驚かれます。



オーダーの場合


一見 絵なんだけれど、よく見ると名前が入っている 驚きがあります*


プリントによく間違われてしまいますが、
一枚一枚しっかり描いています。

洗濯してもほとんど落ちません。




オーダーの流れです*



・ボディ・サイズを選んで好きな名前
(お客さま自身のお名前やプレゼントする相手のお名前)

・何を描いて欲しいのか決めて
(お任せでもOK)






製作が開始されます。















真っ白なTシャツに名前を入れていきます( ANTONI )←ガウディの名字

アストルガ司教館というガウディが携わった聖堂の写真を僕のフィルターを通して描きました。






















































アルファベットのスタンプを押していき、大枠のデザインを組み立てる。

そこから描いていきます。






































































世界に一枚だけの Tシャツ 完成です!





オーダーしたい!!

という方は、是非ぶらっと万代へ足を運んで頂き直接ご相談出来たらと思います*

宜しくお願いいたします*






最近は、

大橋トリオさんにハマっていて、

CDを大量に貸りて聴いています*







Draw T-Shirts のはじまり 2

  • 2012.03.03 Saturday
  • 11:56
 

デザインノートに描いてた時期がしばらく続いた。
一筆書きにしてみたり、ペンをかえてみたり、色使ってみたり。


好きなとき好きなように描いてたら、
どんどんうまくなってきて、ノートに描いてるのがもったいないとおもい画用紙に描く事に。








画用紙に描くとペンの乗り方が違って、凄く描きやすい。
もっと繊細に、もっと綺麗にって想い描いていく。


「 ひとつの線でどれだけ世界を持てるか 」


それを追求している。



画用紙に描いた絵達は、公に表れる事なく過ぎていったのだが、
道proとの出会いで個展に参加出来る事になったのだ。

趣味で終わっていた絵を、仕事にさせてくれたきっかけであった。






続く。

Draw T-Shirtsのはじまり1

  • 2012.03.02 Friday
  • 10:51
 
おはようございます。
新潟は雪も溶け始め、春のにおいを感じ始めています。

これからまたTシャツのシーズンになっていく際に
僕の創るTシャツをお薦めしたいと思っています。











まずは、これが出来る起源をお伝えしようと思います。





事の始まりは


「 絵描き人のYutoが描く絵 」 と 「 服飾人のYutoが創る服 」


を 一緒にしたいという想いからです。




「 Draw T-Shirts 」





僕の絵はデザインノートから始まっています。

Design Note no.29(29冊目ってこと。今は31冊目)


専門学生の時から常にキャンバスノートを持つようにしてて、
なにか閃いたらデザイン画や絵や言葉にしてストックしていく、いわば何でもノート。

絵が元々好きでしたが、全然うまくなかった。

学校で初めて習ったスタイル画がヘタすぎて、これはヤバいと思い何度も描いていたり、
言葉を創るのが好きで詩なんかかいてみたり、雑誌に載っているスタイルを真似てみたり、
とにかくそのデザインノートに思うがままに描いていました。



そんな中であった 線画

なにも考えずペンが走るままに身をゆだねて描いていく

電話越しに会話しながら描いてたのがきっかけで、
人との会話によって絵が変わるのがおもしろくて学生時代は色んな人に電話かけてたわいもない会話しながら描いていた。

タイトルは「電話越しの相手の名前」が多かった。

そこから映画みながらとか音楽聴きながらとか色々と試していた。













続く。

recent comment

profile

links

人気ブログランキング

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM