OldtownDessertCompany

  • 2017.07.28 Friday
  • 02:52

 

新潟の町のチョコレートケーキ

 

OldtownDessertCompany(オールドタウンデザートカンパニー)

http://oldtowndc.wixsite.com/oldtowndc

 

 

 

 

素材にこだわった丁寧につくられるチョコレートケーキは

 

上品な香りとしなやかな甘さが口の中で広がる美味しさがあります。

 

実店舗を持たず、

 

通信販売を中心に口コミだけでどんどん広がっているケーキ屋さんです。

 

 

 

 

店主の佐々木さんとは友人を通じてつながり、

 

ケーキ屋さんのマストアイテムになるエプロンを注文頂きました。....ありがたい。。。

 

 

 

同じ作り手としてジャンルは違えど

共通する部分が多くて話はいつも盛り上がります。共に秋田出身なのもあるのかも笑

 

ものづくりにおいて、人とのつながりについて、

 

私自身まだまだ若造な生意気なところを

 

佐々木さんは同じ目線で話を真剣に聴いてくれる。

 

気さくな人柄と不意にみせるお茶目なところがとても好きです。

 

 

 

アトリエを改造してから久しぶりに遊びに来て下さいました。

 

「エプロン紹介したいから写真撮らせて」なんて、嬉しすぎます。。

 

差し入れに頂いたチョコレートケーキとアイスコーヒーで

 

とっても素敵な時間を過ごしました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

一度食べてみてください。

 

とても美味しいのでオススメです*

 

 

 

日常

遺る生地

  • 2017.07.22 Saturday
  • 19:40

 

 

あるプロジェクトに参加。

 

とてもやりがいがあって緊張感を持ちながら取り組んでいます。

 

先日、生地の選定で打ち合わせに行ってきました。

 

 

 

 

生地のサンプルがたくさんあって、

 

1枚1枚めくってはいいなぁいいなぁと呟いていました。ちょっと病気です。

 

大量にあるそのサンプル達を見ながらふと考えてたことがあります。

 

 

「 遺る生地とは 」

 

 

人の生活の基本にある 衣・食・住 になる衣

 

衣の元になる素材は、

 

天然繊維(植物繊維、動物繊維など)である、綿や麻、絹や羊毛、毛皮や革などが

 

長い歴史において人を支えてきた。形や色、厚さや質感が国や文化によって違い象徴となる。

 

 

近年になり

 

 

ナイロンやポリエステルなどの化学繊維が大党し、

 

洗濯に強くシワになりにくい強力な素材が使われるようになってきた。

 

 

ちょっと話は逸れてしまったので元に戻すと

 

長い歴史の中でたくさんの生地が生み出されました。

 

 

 

その中で遺る生地を生み出すことが、とても大きな課題だと考えています。

 

消費の世界で、常に生まれ、死んでを繰り返す洋服達にしたくない。

 

愛される服にしたい。

 

答えは見つかってないけれど、「遺る生地」

 

これを根元に生地を作っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アート・デザイン

それもすべて現実だ。

  • 2017.07.12 Wednesday
  • 23:20

 

 

 

 

今ここにあるものは現実だ。裏もない表でもないそれだ。

 

 

 

 

 

 

このファスナー(かなりお気に入り*)の長さは同じだ。

 

信じるも信じないもあなた次第。

 

 

大事なのは、

 

どこまで誰を信じれるか   それだけだ。

 

おう。とことん信じるよ。

 

 

 

 

椅子

  • 2017.07.12 Wednesday
  • 03:58

 

 

先日新しい椅子が届きました。今まで共にしてくれた椅子よありがとう。

 

座り心地がとても良いです。幸せ。。

 

 

 

家具ひとつ変わるだけでアトリエの雰囲気も良くなりました。

 

インテリアに無頓着だった私は、興味を持ち始めている。

 

欲しいものが増えました笑

 

 

 

 

 

 

日常

心の支え

  • 2017.07.07 Friday
  • 22:00

 

 

好評頂いているクラッチバッグが完売してしまったので再生産。

 

表地はデニム/裏地はUTOPIA×亀田縞のグレーやイエロー

 

何度も開きたくなるような明るい色です。

 

 

 

 

真夜中風にあたりたくて外で一服。

 

アトリエからもれる光は、淡く灯るランプのようで優しく辺りを照らしていました。

 

 

 

今日は自分の位置や無知さなど

 

あらゆることが露呈したようなショックな出来事がありました。

 

私の気持ちは怒りでいっぱいで「 今にみてろよ 」と心の中で強く誓いました。

 

本当みてろよ。有名になってやっからな。

 

 

すごく友達に救われました。友達大事だね。

 

 

「 生きていくことで壁や障害は幾度もある。

 

できないことで悩むのって幸せじゃない?

 

できたら嬉しいやん。成長できるやん。 」

 

 

涙をグッとこらえてやるべきことをやります。

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

日常

selected entries

recent comment

profile

links

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM